カテゴリ:手仕事 革( 186 )
オンラインショップ ありがとうございます☆ そして、WHITEの世界。
先日、とっても久しぶりに、
オンラインショップにて一点物の販売をしました。
c0110020_12203337.jpg

内心、ドキドキ(笑)

久しぶり過ぎて、
ほんとに売れるんだろうか??
と、若干ナーバスになっていたわたし。

そんな心配はよそに、
無事完売。

c0110020_12203455.jpg


ほんとうに、ありがとうございます!


そして、

調子に乗ったところで、
早速次なる販売するものを作っています。


受注生産品のWHITEシリーズは、
革の在庫切れで販売終了したのですが、

c0110020_12203425.jpg

でも、
革そのものは残っています。

というのは、
この格子模様がちゃんと入れられる革が無くなってしまった、

ということなのです。

革は、
そもそも、
もとは生き物の身体。


場所により、
質が大きく変わります。

伸びやすいところ、
キメの粗いところ、

様々です。

その為に、使えない箇所もあります。

そして、この格子模様を入れるのは、
技法的に、キメの細かな箇所しか使えなかったのです。

でも、他の余った部分も、
格子模様を入れなければ、
ちゃんと使えるのです。

ということで、
格子模様は入れずに、
WHITEにして、
気の向くままに作っています。

c0110020_12203577.jpg

c0110020_12203686.jpg

このWHITEの景色は、
わたしが小学生の頃見ていたもの。

一番上の姉が大学生で、
アーティスト仲間たちがいて、
その世界観の中に見ていたもの。

その、記憶たちがぎゅっと集まって凝縮されて、
わたしの手から物質に伝わり新しく生まれる、

そんな感覚。


今考えても、
何て突き抜けた感性の人たちの集まりたったんだろうか、

と思います。

その世界観に小学生のときに触れられてたわたし、
ラッキーだったなー。


このWHITEたちは、
また近々販売します。

気になる方は、
是非是非、
楽しみにしていて下さいね(^-^)/

よろしくお願い致します✨



そして、

自分の確固たるスタイルを築くことも大切だけれど、
その作り上げたスタイルに、
自分が縛られてはいけないなと思います。

作りたいものや作風なんて、
その時の気分だから。

自ら制限を設けてしまうと、
自分で自分の首を絞めてしまう。

常に常に、
「こうあるべき」という幻想を、
解くこと。

何事においても、
日常生活においても、
取り外すこと。


「こうあるべき」という幻想から、
解き放たれましょうね(^-^)/


わたしも、日々進化のために、
学びの連続です。


色んなことにありがとうがいっぱいです。

ありがとうありがとう!

みなさま、ありがとう!


------

スマートフォンケース(プリントタイプ)
ご注文はこちら
c0110020_12203702.jpg
---------------------
今月中に、受注生産シリーズの手帳カバーを販売開始する予定です。

c0110020_12203720.jpg

---------------------
フルオーダーメイド受付は休止中です。

eri's Art love & peace Factory
Leather & Illustration Artist エリ
『世界に一つだけのものを 世界に一人だけのあなたに』
c0110020_12203860.jpg


by eri_art | 2016-10-14 12:26 | 手仕事 革 | Comments(0)
制作Movie作りました
昨日思い立って、
制作Movie作りました。

ならばと!
YouTubeにもUPしました
c0110020_12175293.gif
たまに作ってUPしていこうかなと。

HPにも載せておきました。

c0110020_12185266.jpg

こーゆーことが、
ちゃちゃっと出来ちゃう現代、、
凄いですねー。

有効活用していきたいと思います♪

------
8月上旬に、
スマートフォンケースを発売開始します。
c0110020_12185337.jpg

受注生産シリーズ、第一弾として、
Whiteシリーズの小銭入れを近日発売予定です。
もう少しお待ち下さいませ☆
✳︎追加でカードケースも販売することにしました。
c0110020_12185427.jpg


---------------------
フルオーダーメイド受付中です。
まずはHPをご覧下さいませ☆
eri's Art love & peace Factory
Leather & Illustration Artist エリ
『世界に一つだけのものを 世界に一人だけのあなたに』
c0110020_12185522.jpg


by eri_art | 2016-07-28 09:56 | 手仕事 革 | Comments(0)
得たい感覚、感情にフォーカスする
c0110020_12184865.jpg


制作しているときは、

その作品の終着点を何となく想像しながら作るんだけど、

デザインとしての明確な図が浮かんでいる、

というよりも、

最終的に「得たい感覚、感情」

そこにフォーカスしている気がする。


このポイントで、

この感情を得る、


みたいな?


そんな気がしまして。


それは「愛」だったりもする。




なーんかさ、

結局人は、
愛がほしいだけなんだよ。

絶対そうだよ。


愛されてる感覚。


全ては、

愛によって生まれ、

愛によって終着する。


それが、理想の世界だし。

そこを追い求めてるよね。

それが捻れた時に、

おかしな現実が起こるわけで。




いつか来るであろう未来に想いを馳せるんじゃなて、

今この瞬間に気持ちをちゃんと置いてあげないと。

いつか来るであろう愛の世界、

そこを追い求める限り、

それは幻想で終わっちゃう。

全ては、「今」だ。



話が大きくなったな(笑)


でも、

作る、生み出す、というのは、

人それぞれの、

愛の形を生み出すことなんじゃないかなぁと、


思います。


c0110020_12184958.jpg




------

8月上旬に、
スマートフォンケースを発売開始します。
c0110020_12185034.jpg


受注生産シリーズ、第一弾として、
Whiteシリーズの小銭入れを近日発売予定です。
⚫︎coin purse : White
c0110020_12185144.jpg


---------------------
フルオーダーメイド受付中です。
まずはHPをご覧下さいませ☆
eri's Art love & peace Factory
Leather & Illustration Artist エリ
『世界に一つだけのものを 世界に一人だけのあなたに』
c0110020_12185218.jpg


by eri_art | 2016-07-27 11:14 | 手仕事 革 | Comments(0)
愛用ノートと手帳カバー そして、受注生産シリーズ
受注生産シリーズ用に、

手帳カバーも考えてます。

色んなさいずがあるからどーしようかなーと思ったけど、

世に出回るサイズを調べてみた。

ほんと、色々えるなぁ(^^;;

ということで、今のとこA5サイズと文庫本サイズに絞ってみようかと考え中。

わたしが愛用しているノートは、

こちら。



c0110020_12180552.jpg

前まではこれのB6サイズを使ってたんだけど、
サイズ大きくしました。

左のがB6。
右がA5。

c0110020_12180604.jpg

用紙は方眼が好きで、
でもB6だとなぜか方眼は200枚のしかなくて。
分厚すぎ(笑)
色々貼ったりするからこんなに分厚くなる。。
c0110020_12180791.jpg


でも、このノートの特徴は、
360度、開くし、
表紙も柔らかくて破れたり折れたり、しないよ、というところ。
c0110020_12180765.jpg

c0110020_12180934.jpg

今回は、サイズを大きくして、
そして、A5だと100枚のが売ってたから丁度いいなーってことで、
買い替え。

c0110020_12180973.jpg

だいぶ薄い!


わたしは自宅仕事になってから、
日付入りスケジュール張がなんでだか無くても生活できるようになったので、
今はこのノートだけ。

これ、
まだ東京に居た頃ロフトで見つけて、
ちょっとお高めだけど気に入ったから買いました。

ノートは、お気に入りを使いたい。

紙の書き味もいいし。
ペンの滑りもいい。

表紙を曲げても大丈夫なとこが使いやすい。

何かをクリエイトしたいとき、
このノートに描く。

夢を描くとき、
このノートに描く。

そもそも、

人生はクリエイト。

誰もが、

自分の人生は自分で作っていくんだよ。

だから、

このノートはわたしの人生そのもの。

とても大事。



でね、

それを包む手帳カバーはお気に入りを使いたいわけで。

前からちょくちょく手帳カバーは登場させてましたが、


c0110020_12181006.jpg

サイズが変わったのを機に、
そして、受注生産シリーズに手帳カバーも加えたくて、

新しく自分用兼ねて試作しました。

c0110020_12181154.jpg

ペンケース付き、
というのがポイント。
c0110020_12181216.jpg

分厚くなるのを見越して、
厚み調整出来る革紐くるっとタイプにしたけど、
これは解けやすい、、ので、
ここは改良したい。


今ぱっと浮かんだのが、

クリエイター手帳カバー。

人生はクリエイトだから、

クリエイターって誰でも当てはまるんだけど、

手帳に向かう時間をとても大切に生きてる人が使うイメージにしました。

私自身の為に作ったから、
そうなりました。

そうすると、
ペンも何本か持ってたり、
定規も持ってたりとかするだろうし、
ペンケース付いてたら便利だな、ってね。



このノートはオススメです!
なかなか店頭ではお目にかからないと思う。
売ってるのあまり見たことないし。


あー、あと、
ほぼ日手帳って人気だよね。

A5サイズと文庫本サイズは、
まさにほぼ日手帳のサイズなので、
ほぼ日愛用者も使って頂けるサイズ展開です。


今のとこ作ってみた受注生産の試作たち。
c0110020_12181306.jpg

結局染めてるし、
刻印入れたりしてるし(笑)


作りたいものは全部作りたくて。

身一つじゃこんなに作れるわけがない。

今までの唯一無二の世界だって、
わたしは好きだし大事にしていきたい。

どれもこれも作りたい。

どんどん湧き出てきちゃって、
もどかしい。

だから、
人を増やす、

ということにもそのうち挑戦したいと思ってます。

それを見越しての受注生産シリーズ。

革細工未経験者でも、
教え込んでやってみたい。

そんなことを妄想中。

そしたら、誰かわたしのとこで修行して作ってみたい!という人、
いるかな??

物凄い自己流の作り方だけど(笑)

まぁいずれ。
(でも、早く形にしたいけど)


---------------------
オーダー受付中です。
まずはHPをご覧下さいませ☆
eri's Art love & peace Factory
Leather & Illustration Artist エリ
『世界に一つだけのものを 世界に一人だけのあなたに』
c0110020_12181493.jpg


by eri_art | 2016-06-28 16:54 | 手仕事 革 | Comments(2)
選んでくれてありがとう
オーダー作品制作中。

c0110020_12175183.jpg


なんだかさ、

わたしの作品を選んで下さって、

ひたすら、

ありがとうございます

って、

そんな風に思います。涙



世の中にはたくさんたくさん商品があって、

作品があって、

その中でわたしの作品に価値を見出して下さって、

そして、

実際に選んで手にとってくださる、


という確率は、


一体どれくらい凄いことなんだろうか、


そんな風に思って。


一つ一つの出会いに心からの感謝を。


ありがとう。

ありがとう。


---------------------
オーダー受付中です。
まずはHPをご覧下さいませ☆
eri's Art love & peace Factory
Leather & Illustration Artist エリ
『世界に一つだけのものを 世界に一人だけのあなたに』
c0110020_12175103.jpg


by eri_art | 2016-06-20 14:05 | 手仕事 革 | Comments(0)
””新しいシリーズ展開” この続き” の更に続き 調和のとれた歪さ

この記事の更にまた続き。


自然界に存在するものは、

ありのままでパーフェクトな調和が取れている、

そう思ったのは、

軽井沢に移住したのがきっかけ。

東京よりも、

空気は澄んでいるし、

緑がずっとずっと多い。


早朝にお散歩したり、

季節ごとの景色の変化とか、

色の変化とか、

何て素晴らしいのだろう、

って思った。


軽井沢と東京を何度も往復した高速バスの中から、

遠くに霞んで見える山々が朝焼けとともに、

水墨画のような神秘的な雰囲気を醸し出していて、

あぁ、

なんてこの世はキレイなんだろうか、

そう思ったものでした。



だって、

この世は神様が創造した世界。

だから、

パーフェクトなんだ。

c0110020_12174704.jpg



人間だって、

パーフェクトで生まれてきてるはず。


憎しみや妬みも当たり前に持つ感情だけれど、

その使い方をいつから間違ったんだろうね、


なーんてことまで、
高速バスの中で一人物思いにふけってました。


この世は素晴らしい。


いつからそれを感じにくくなったんだろう??


神様から創造されたものはパーフェクト。

人間もまた、

神様の御姿に似せて作られた。


だから、


命とは愛だ。



c0110020_12174800.jpg


ものを作るときに、

調和のとれた歪さは美しいと思ってる。

調和の取れていない歪さは、

単なる不調和。

そのバランスというのは感覚だし、

よくわからないけれど、

絶妙なバランスというのが存在しているのだと思う。

それが形となって現れた時に、

人はその虜になって、

そのものの魅力に吸い寄せられるのだろうなぁと。




例えば、

歪な形の陶器にこんなにも惹かれるのはなぜだろう??

と考えていた時に、


高速バスの中でわたしの中である時これだ!と見えた答えがそれだった。

人は自然の素晴らしさに感動する。

それは調和のとれた歪の集合体。

だから、調和のとれた歪な「物」にも、
妙に惹かれるのではないかなと。

アシンメトリーとかね。


自論だけれど、

それがわたしにとっての答え。


風や大地や空や緑を全身で感じられれば、

それだけで最高に幸せなんじゃないかと、

思う。

それって、

自分の命を実感出来るからなのかな、

と、

思った。


---


『ぼくらは』words by eri


ぼくらはこの森に生まれ 

ぼくらはこの森に還る

風の空気を感じて 

静けさの中で唄おう

行けよ日々の波に乗って

笑えよ太陽の光に満ちて

ぼくらは君に捧げよう 

ぼくらの誇り高きこの愛を

迷いも全て抱きしめて 

安らかな鼓動を胸に

遠く光る翼求めて 

めぐりめぐりゆく大地に響け

後戻りは幻に

歩み続け 君への願いただ一つ


c0110020_12174901.jpg



---------------------
オーダー受付中です。
まずはHPをご覧下さいませ☆
eri's Art love & peace Factory
Leather & Illustration Artist エリ
『世界に一つだけのものを 世界に一人だけのあなたに』
c0110020_12175019.jpg


by eri_art | 2016-06-17 06:41 | 手仕事 革 | Comments(0)
”新しいシリーズ展開” この続き

この記事の続き。


一点物に使うエネルギーは半端ない。
というか、カラフルな染色やイラストやら入れて作るスタイルは、手間もエネルギーも半端ないのだな、

ということを、シンプルなものを作るとつくづく実感する。

受注制作シリーズも、
わたしが苦痛なく作れる、
ということを第一優先に考えた結果、
結局染色と刻印はすることになりそうだけど、
使う革も変えて、
染色の仕方も変えて、
手間は激減。

(まだ試作段階だから、使う革も変わる可能性ありだけど)


それと、
「生み出される作品」
と、
「自分が使いたいもの」
は、違ったりもする。

わたしの作品スタイルは、
唯一無二を目指したし、
わたしにしか作れない、という自負がある。

だって、
そこを目指して突き詰めた結局だから。

もちろんそれは愛すべき作品だけれど、
今の自分が使うかな?というと、
それは違ったりする。

今のわたしには、
なんだか似合わないなと思ってて。

だから、受注制作シリーズは、
「わたしが使いたいもの」
を作っていこうかと。

そして、「わたしじゃなくても」作れるものにする予定。

唯一無二を突き詰めて、
その形がはっきりとしたからこそ、

受注制作シリーズの展開をしようと思える所まで来れた。

どうなるかわからないけれど、
とにかく、
形にしていくのみ。

イメージは、

森とか、

鳥とか、

自然。

EARTH


そんな感じです。


歪の中にある自由と美しさ。

ありのままで美しい。

自然界はパーフェクトな歪さの集合体。

個々はありのままの姿でそこに佇み、

ありのままでパーフェクトな調和が取れている。

c0110020_12174665.jpg



そんな感じかな!



---------------------

オーダー受付中です。
まずはHPをご覧下さいませ☆
eri's Art love & peace Factory
Leather & Illustration Artist エリ
『世界に一つだけのものを 世界に一人だけのあなたに』
c0110020_12174614.jpg


by eri_art | 2016-06-16 09:27 | 手仕事 革 | Comments(0)
新しいシリーズ展開
新しい展開を考えてることは以前書きましたが、
↓↓↓↓
『180度違う新しい方向性の展開』

その時は、

染色も

刻印も

イラストもいれない、

そう言ってたんだけど、

最初に頭の中でイメージしていたことが、

だんだんとしっくりこなくなってきて、

使う革も定まらなくて、

なんだかなぁと進められてなかったんだけど、



出来たかもしれない!!!

!!!


じゃんっ!

c0110020_12174421.jpg


あれ、染色も刻印もしてますね(笑)

でも、

革の感じとか、

染色の出方とか、

理想的なのが出来たかも?!?!

善は急げ!

革を仕入れて、

もーちょい試作してみまーす
c0110020_12170496.gif


そしてこのシリーズは、

一点物ではなくて、

受注制作シリーズです。

早く形にしたいっ!



---------------------

オーダー受付中です。
まずはHPをご覧下さいませ☆
eri's Art love & peace Factory
Leather & Illustration Artist エリ
『世界に一つだけのものを 世界に一人だけのあなたに』
c0110020_12174530.jpg


by eri_art | 2016-06-15 14:52 | 手仕事 革 | Comments(0)
オーダー品制作中
オーダー品制作中です。

c0110020_12174257.jpg


気に入って頂けるかなと、

ドキドキするのと同時に、

「必ずやいいものを作ってみせる
c0110020_12171704.png
!!」

みたいなプライドなのか、
強い気持ちなのか、

そんなのが同居。

わたしにできる事は、

最善を尽くすことだけだから。



子供の頃から何かをやり遂げるときの、

心の動きって変わってないなーって思う。


どんなに忙しくても、

焦ったりイライラしたりしても、

「ぜったいに、大丈夫」


そういった確信があって、

その成功体験を繰り返しているから、

たぶん、

今でも、

不安と確信が同居しているんだろうなぁ。


そして、

やり遂げたときは晴れ晴れ
c0110020_12170496.gif


さー、

頑張るぞ!







オーダーのご依頼は、
ほんとにほどよ~~く頂いていて、
理想的なペースで進めています。
今オーダー頂くと、納期は来月です。

---------------------
オーダー受付中です。
まずはHPをご覧下さいませ☆
eri's Art love & peace Factory
Leather & Illustration Artist エリ
『世界に一つだけのものを 世界に一人だけのあなたに』
c0110020_12174382.jpg


by eri_art | 2016-06-14 12:58 | 手仕事 革 | Comments(0)
180度違う新しい方向性の展開
今ね、

こーゆー方向性の展開を考えてます。

c0110020_12173040.jpg


今までの世界観とは180度違う。

型紙ありきな作品たちにする。

染色もイラストも刻印も入れない(予定、、)

ナチュラルなまんま。



でも、

私が作るのだから、

土台は同じ。


今までの唯一無二の世界観を大切に守るのと同時に、

新たな展開を考える。

同時進行。


これを思い付いてから、

早く手を付けたくて仕方ないっ!


まずは、革の入手から
c0110020_12170496.gif






---------------------
オーダー受付中です。
まずはHPをご覧下さいませ☆
eri's Art love & peace Factory
Leather & Illustration Artist エリ
『世界に一つだけのものを 世界に一人だけのあなたに』
c0110020_12173134.jpg


by eri_art | 2016-06-06 10:52 | 手仕事 革 | Comments(0)